まちなかアート散歩

熊野御前の歌碑

007b.jpg007c.jpg
分 類 句・歌碑
作 者 不詳
制作年 明治42年(1909)
場 所 行興寺境内(池田)
内 容 高さ143㎝、幅57㎝

熊野御前は、平安時代の末期に池田荘の庄司の藤原重徳の娘として生まれた。
この歌碑には、平宗盛を想う心と、母を慕う心が詠われている。
熊野御前は、平清盛の三男・宗盛に見染められ、京にのぼりお仕えしていた。
そんな折、母病いの報が届く。
花見の宴で熊野は舞を舞いながら、歌を詠んだ。雨に散る桜に、母の病状を重ねた歌に宗盛は心を痛め、帰郷を許したという。

   いかにせむ都の春もをしけれど
     なれしあずまの花や散るらむ

宗盛の死を知った熊野は、尼となり33歳でその生涯を閉じた。

取材をおえて

行興寺には、母と熊野の墓が並んで建てられている。
熊野が愛し、植えたという藤は、房の長さが6尺近くも伸び、毎年4月後半から5月初旬に行われる「長藤まつり」の際には、熊野の供養も行われている。

文化協会加入のお誘い

会員は団体に所属し、団体は部または連盟に加入していただきます。
入会希望の場合は、文化協会事務局へご連絡ください。

詳しくはこちら

磐田市文化協会

外観
〒438-8601
磐田市森岡150 磐田市豊田支所2階
電話:0538-86-3730
FAX:0538-86-3731