まちなかアート散歩

日時計

002a.jpg002b.jpg
分 類 モザイク
作 者 不明
制作年 不明
場 所 森下ポケットパーク(藤と香りの道)(森下)
内 容 モザイクタイルで造られた日時計が、紫陽花、梔子(くちなし)、金木犀(きんもくせい)などに囲まれ、レンガで仕切られた区画に設置されている。
中央に指針があり、太陽の動きで時間がわかるように、文字盤に放射状のラインが描かれ、その先に数字がある。

取材をおえて

文字盤と指針には、モザイクで藤の花が施されている。藤棚など周囲の木々と共に「藤と香りの道」を意識して描かれているようだ。
豊田南小学校西門から西へ向かっていく道沿いにあり、登下校時に子どもたちがのぞき込んだり、ウォーキング途中で一休みされる市民が眺めるのか。季節によっては藤や梔子、金木犀の香りに包まれ、心地よいひとときが生まれるのだろう。
日時計は、人類が最初に作った時計で、歴史は古く、5000~6000年位前にエジプトで使われていた。太陽の動きによって変化する影を利用するもので、構造は単純である。かつて、理科の時間に小学校の屋上で、手作りの日時計を使い、時と共に変化していく影の長さを測った記憶がよみがえった。

文化協会加入のお誘い

会員は団体に所属し、団体は部または連盟に加入していただきます。
入会希望の場合は、文化協会事務局へご連絡ください。

詳しくはこちら

磐田市文化協会

外観
〒438-8601
磐田市森岡150 磐田市豊田支所2階
電話:0538-86-3730
FAX:0538-86-3731