まちなかアート散歩

空間から地上へ―三つの黒い月―

008a.jpg008b.jpg
分 類 石彫
作 者 織田 啓介(浜松)
制作年 平成5年(1993)
場 所 磐田市中泉交流センター(中泉)
内 容 縦80cm×横30cm×高さ150cm
磐田トンボの里ロータリークラブ寄贈
ヴィエンナーレ現代国際彫刻展(1993)優秀作品入選作
中泉交流センター玄関横、駐車場の一角に、赤い石盤と重なった三つの黒い月がある。

取材をおえて

積み重なった「黒い月」が、空から赤い台地へどっしりと着地したところであろうか。彫り跡の残る側面と磨き上げられた上面の対比が面白い。また、黒いとは言うものの,まっ黒ではない石の中には宇宙が内在しているのかもしれない。フォルムは、「月」というより切り分けた「スイカ」のような形で、小さいながら存在感がある。
やや風化しかけた土台は周囲の自然になじみ、時を経るというのは劣化ではなく同化を意味していると感じた。
交流センターでの様々な活動に参加する市民を静かに見つめている。

文化協会加入のお誘い

会員は団体に所属し、団体は部または連盟に加入していただきます。
入会希望の場合は、文化協会事務局へご連絡ください。

詳しくはこちら

磐田市文化協会

外観
〒438-8601
磐田市森岡150 磐田市豊田支所2階
電話:0538-86-3730
FAX:0538-86-3731