まちなかアート散歩

悉平太郎の像

003b.jpg003c.jpg
分 類 銅像
作 者 不詳
制作年 昭和39年(1964)
場 所 矢奈比売神社(見付天神)入口(見付)
内 容

話は鎌倉時代にさかのぼる。
見付では毎年怪物が現れ、若い娘を人身御供として求められた。困っている町民の話を聞いた旅の僧は、怪物が信州の悉平太郎を恐れていることを知った。
苦労の末、悉平太郎が駒ヶ根市光前寺(信州では、早太郎と呼ばれている)で飼われている犬であることをつきとめ、怪物が現れる夜に、悉平太郎を本殿に忍ばせた。
苦闘の末、悉平太郎は怪物を退治したが、悉平太郎もまた深い傷を負った。
この悉平太郎の銅像が、神社の入り口に建っている。

なお、磐田市のイメージキャラクター「しっぺい」は悉平太郎がモデルである。

取材をおえて

前足を力強く踏ん張り、耳を立て、怪物に撃ち勝った勇猛な姿で表されてい
る。
神社に北接する、つつじ公園のなかには、霊犬神社が祀られている。
見上げる視線は、遠く信州へ注がれているようである。

文化協会加入のお誘い

会員は団体に所属し、団体は部または連盟に加入していただきます。
入会希望の場合は、文化協会事務局へご連絡ください。

詳しくはこちら

磐田市文化協会

外観
〒438-8601
磐田市森岡150 磐田市豊田支所2階
電話:0538-86-3730
FAX:0538-86-3731