まちなかアート散歩

大の浦万葉歌碑

001b.jpg001c.jpg
分 類 句・歌碑
作 者 不詳
制作年 昭和38年(1963)
場 所 ワークピア駐車場入口(中泉)
内 容 高さ130㎝、幅205㎝

万葉集巻八に、遠江国司桜井王と天皇との間で交わされた歌が刻まれている。
桜井王は遠江国司(国府の長官)として、天平9年(737)には赴任していた。
都を懐かしんで天皇に歌を奉った。桜井王の国司としての在任時期を考えると、天皇は第45代聖武天皇であった可能性が高い。
題字は、鈴木未央(喜)氏によるもの。

   遠江守桜井王の天皇に奉れる歌一首
     九月のその初雁の使にも思ふ心は聞え来ぬかも

   天皇の賜へる報知の御歌一首
     大の浦のその長浜に寄する波寛けく君を思ふこの頃

取材をおえて

古代遠江の中心だった磐田。国府や国分寺が置かれた。
「遠江」は従来、浜名湖と考えられてきたが、天皇までも知る"大の浦"こそが「遠江」ではないかという説もある。

文化協会加入のお誘い

会員は団体に所属し、団体は部または連盟に加入していただきます。
入会希望の場合は、文化協会事務局へご連絡ください。

詳しくはこちら

磐田市文化協会

外観
〒438-8601
磐田市森岡150 磐田市豊田支所2階
電話:0538-86-3730
FAX:0538-86-3731